list 検索

知ってる?絶対に抑えておくべき結婚式 ドレスの服装マナー

SNSでシェアしよう!

2c759759-b2d9-428f-a0ea-cc58b8f40cb7

初めて結婚式に出席する人も、何度も出席している人も、もう一度見直してほしいゲストとしてのドレス選びのマナー。結婚式というお祝いの場だからこそ、マナー違反な服装をしていても直接的に注意されることがなく、意外と知らないまま過ごしてしまいがち。店員さんに勧められるまま、流行っているから、デザインが可愛いから・・・等では決められない結婚式 ドレスのマナーとタブーをお伝えします。

基本の結婚式 ドレスの服装マナー

pg_27_1_thumbnail

鉄板!!白は花嫁さんだけのカラー。白は絶対にNG!!
白ドレスは花嫁さんだけの特権カラーなのでタブー。クリームや淡いベージュなどの結婚式 ドレスも式場のライトの加減や、座った時に白っぽくみえてしまうことも。なるべく白系の色は避け、着用する際はボレロやショールを濃いめのカラーにするのがいでしょう。

基本は上品な膝丈。短すぎるのはNG。
結婚式 ドレスのスカート丈は膝が隠れるものがフォーマルだとされています。短すぎる丈は、マナー違反以前に下品な印象を与え、主役の花嫁さんより目立ってしまうことも。上品な膝丈のドレスがベストです。またロングドレスブニングドレスにあたるため日中の着用はNGとなります。

夜の時間帯を除いて露出は基本NG。
結婚式では露出度の高い服装はマナー違反となります。肩や腕を露出するような服装や短すぎる丈のドレスは避けて。特に挙式から参列する場合は袖ありの結婚式 ドレスを着用するか、羽織りものとしてボレロやストールを用意しましょう。会場が寒い時にもボレロやストールは便利です。

基本的はアップスタイル。
結婚式では
アップスタイルが基本のヘアスタイルとなります。レストランやカジュアルな雰囲気の場所での挙式にはダウンスタイルでもOKな場合がありますが、その場合でも美容院でセットしてもらう事。正装のヘアスタイルはアップスタイルということを覚えておきましょう。

バッグはコンパクトなパーティーバッグを持参。
大きなバッグは結婚式にはふさわしくありません。コンパクトなデザインのパーティーバッグがフォーマルとされています。荷物が多い時は、サブバッグを用意しクロークに預け、会場ではコンパクトなパーティーバッグを持ちましょう。大きさの目安としては、ハンドバッグなら背もたれに置いて違和感のない大きさ、クラッチバッグなら膝の上に置ける大きさとなります。

ヒールは5cm以上。つま先・踵の隠れるパンプスがベスト。つま先・踵の隠れるパンプスがベスト。
最近ではオープントゥはOKと認識されている方が多いですが、フォーマルな場ではつま先と踵が隠れる形のパンプスが正装となります。またヒールは5cm以上のものがフォーマルとして認識されています。

ベージュのストッキング着用。
素足はフォーマルな場には相応しくありません。また厚手のタイツや柄タイツなども、カジュアルとされているのでNG。挙式・披露宴に出席するなら肌色のナチュラルなストッキングが鉄則です。

パール調のアクセサリーをチョイス。
結婚式にふさわしいのはパールのアクセサリーです。身に付けるだけで華やかになり、フォーマル感が出ます。「おめでたいことが続くように」と意味をこめて2連や3連のネックレスを選ぶとよりいいでしょう。

 

写真で解説。結婚式の服装マナー

結婚式の服装でNGバージョンとOKバージョンを、解りやすく写真で解説しました。

ドレスのマナー

img66143152

NG!全身黒のコーディネート
黒のドレス・黒ストール・黒パンプス・黒のバッグとすべて黒で統一されたスタイルは喪服を連想させるので、おめでたい席ではNGのコーディネートです。

5719030_2(1)
OK
黒いドレスを着る場合は、ストールやコサージュなどに明るいカラーを取り入れるなど、黒1色の装いにならないようにするとOK。明るいカラーを取り入れることで華やかな装いに。

 

1111111

 

NG!全身白っぽいコーディネート
白の結婚式 ドレスはもちろんのこと、明るい会場や写真を撮った時に白っぽく映る淡いベージュやクリーム系など『白っぽい』ドレスもNG。主役は花嫁さん。白は花嫁さんだけのカラーです。

08291848_54004c5e2e177OK
全身白っぽくならないように、ベビーピンクやライトベージュなどの淡いカラーのドレスを着るときは濃い色のボレロバッグ、靴などでしめるとバランスがよく◎

Chiffon dress wholesale girls tiered skirts in Champagne k9501-3NG!露出度の高い結婚式 ドレス
結婚式では、胸元や背中の大きくあいたドレスやミニ丈の結婚式 ドレスなど露出度の高い服装はマナー違反になります。

apa-00001310_04OK
露出の高い結婚式 ドレスやノースリーブの結婚式 ドレスには、ボレロやストールをはおり、露出をコントロールし上品なコーディネートに仕上げましょう。

NG 日中のロングドレス

apa-00000127_08
パーティーや発表会ではエレガントで大人っぽいロングドレスも結婚式ではNG。ロングドレスイブニングドレスにあたります。

apa-00000403_03OK
昼とちがい夜は胸元や背中が開いた袖なしのロング丈のイブニングドレス(あるいはローブデコルテ)が正礼装。光る素材もOKです。

 

結婚式 ボレロやパーティーバッグのマナー

10100216_50745bfea6e4c

NG!ファーのアイテム
最近ではOKとされるファー。ただし教会や神社などの格式高い会場や、出席者にご年配や堅いお仕事の方が多い会場では、ご親族やご年配の方が快く思わない場合が多いので、ファーは避けた方が無難です。

02241850_54ec4956ae4aaOK
式場内での寒さ対策には長袖のボレロジャケット会場までの道のりに着てきたコートなどはクロークに預けるのが常識です。
08080310_50215a078efd4
NG!大きいバッグ&紙袋
披露宴では、大きいバッグはマナー違反とされています。特に、キャンパスバッグはカジュアルなバッグなので、正式な場ではマナー違反です。

12291750_54a115cb87ddbOK
披露宴や二次会などのパーティーシーンでは、小ぶりのパーティーバッグがフォーマルとされています。見た目もスマートなので、バッグ選びも慎重に。

パーティーバッグについての詳しいマナーはこちらをご覧ください。

ヘアスタイルのマナー

02130147_4f37ed2a6a969

NG!コサージュなどのヘアアクセサリー
結婚式は主役は花嫁さん。
大きなコサージュや生花は花嫁さんの特権です。ゲストは大きな飾りをつけないのが鉄則。バレッタやカチューシャもカジュアルとされるためNG。


OK
パールやコームなど派手すぎない小ぶりのヘアアクセサリーをセレクトして。

02231531_4f45dd5932b08

NG!なヘアスタイル
おろしっぱなしやお辞儀をしたときに乱れたり食事をしたときに邪魔になるようなダウンスタイルはNG。盛りヘアも上品なイメージとは程遠いため避けた方が無難です。

09221745_541fe1a5a2b68OK
結婚式では“アップスタイル”が基本になりますが、「清潔感」と「結婚式にふさわしい華やかさ」の2つが大切なポイントになります。編み込みとアップを組み合わせれば、アクセサリーを使用しなくてもお洒落で清潔感のある印象に。

応用編 はずさない結婚式 ドレスの服装マナー

これまで押さえておくべき『基本的な結婚式 ドレスの服装マナー』を解説してきましたが、基本マナーを抑えたら次は応用編!ドレスのデザインだけではなく、結婚式の行われる季節や時間帯によっても相応しいドレスやマナーは変わってきます。

季節のマナー

結婚式のパーティードレスといっても、季節によってOKの素材NGの素材、その時期に相応しいカラーなど季節のマナーが存在します。各季節に相応しいカラーと素材のドレスを、解説を踏まえてご紹介していきます。


夏のドレスの素材マナー
春にお勧めの素材はオーガンジーやチュール。ふんわりとしたシルエットが、優しく柔らかな春の季節感にぴったりです。

5494792_7(1)

春らしいパステル系グリーンのチュールドレス。ウエストのリボンベルトは取り外し可能で、シンプルにもキュートにも着ていただけます♪ふんわりとしたスカートが、女の子らしく優しい印象。

春のドレスカラーのマナー
春のカラーと言えば、やっぱりパステルカラー。春の代表的なカラーといえます。パステルカラーの可愛らしく柔らかな色合いは、華やかに装いたい結婚式のドレスとしてもぴったりのカラーです!

春の結婚式 ドレスの関連記事はこちら

pastel_dress_tyul2

チュール素材のベアドレス♪やわらかいシャンパンに、キュートなベビーピンクの2色展開。春らしいパステルカラーと可愛らしいデザインが人気のパーティードレスです。

7228258_3


汗の気になる暑い夏は、ついつい涼しい服装にしたくなってしまいますよね。今回は夏の暑さや会場内の冷房対策に気を配りながらも、夏の結婚式に合ったドレスの色や素材などをご紹介します。

夏のドレスの素材マナー
夏にぴったりの素材といえばシフォンやレース♪さらっとした素材で軽やかなシフォンやレースは、夏ならではの素材です!

夏の結婚式 ドレスの関連記事はこちら

6035493_2

夏のドレスカラーのマナー
夏は場を明るく華やかにする明るいカラードレスをセレクト。ブルーやミントグリーンの明るく爽やかなカラーは、ガーデンパーティーや初夏の日射しに映えるおすすめドレスです。結婚式を華やかに演出するといった点では赤や濃いめのピンクもいいのですが、ただでさえ暑い夏には少々不向き。余計に暑苦しい印象を与えてしまいます。

5843176_4

 

鮮やかなロイヤルブルーが印象い的なシフォン素材のフリルドレス。デザインもボリュームのあるフリルがキュートで華やか☆歩く度に軽やかに揺れる裾がポイント。

5494585_1(1)

暑い夏にも爽やかで涼しげな印象を与えてくれる、ミントグリーンのシフォンドレス。袖と裾が軽やかに揺れる、フェミニンなデザイン。


1年を通してみると9月、10月は過ごしやすい快適な気候ということもあり、春と並んで結婚式が非常に多いピークシーズンです。ただ9月ならまだ暑い日もあり、10月なら肌寒い日も多くなってくる時期なのでドレス選びが難しい時期ともいえます。

秋のドレスの素材マナー
春・夏に人気のシフォンのふんわり薄手の素材から、秋は重厚な艶めきサテンにシフト。ベロアはまだちょっと暑いかな?というこの時期に、程よく厚手のサテン素材はぴったりです。またサテンは光沢のある素材。落ち着いたカラーのドレスでも、サテン素材のもつ光沢と品の良さが華やかさをプラスしてくれます。

⇒秋の結婚式 ドレスの関連記事はこちら


5494805_1

秋にお勧めのサテン素材のオフショルダードレス。サテン地の光沢はとても華やかでエレガントな印象を与えてくれます。華やかさが必要な結婚式にぴったりのサテン素材のパーティードレスは、1着はもっておきたいマストアイテムです。

秋のドレスカラーのマナー
秋らしい・秋ならではのカラーといえば、やっぱりワインレッドやシャンパンゴールド、濃いめのグリーン。ライトブルーやパステルカラーは春夏にはぴったりでも、秋のこの時期には季節外れで寒々しい印象を与えることも。秋は深みのある、落ち着いたカラーのドレスをセレクトしましょう。上品で洗練された大人の女性という印象を与えてくれる、秋カラー。ちょっぴり背伸びをして、この秋は季節感を出すことで周りに差をつけオシャレにドレスを着こなしちゃいましょう☆

5864311_6

落ち着きと品を兼ね揃えた深みのあるグリーンは、秋にぴったりのお勧めカラー。サテンの光沢と花柄が程よい華やかさをだした、結婚式用パーティードレスです。

12231504_5499060a72284

秋の定番人気カラーのワインレッドのパーティードレス。華やかで艶っぽいワインレッドで、いつもよりも大人っぽく妖艶な私をアピールできちゃいそう❤このドレスはデザインはもちろん、丈もミディアムの膝丈で結婚式の披露宴や二次会にぴったりのパーティードレスです!


冬の結婚式の披露宴や二次会は、意外とお呼ばれスタイルに悩む時期です。冬の必須アイテムのタイツやブーツ、ファーやコートは、フォーマルな場である結婚式ではタブーとされていて防寒対策に困っている方も多いのでは?

冬のドレスの素材マナー
冬にお勧めのドレスは、ベロア素材のパーティードレス。程よい光沢のあるベロア素材のドレスは、重厚感があり華やかで落ち着いた上品な雰囲気を与えてくれます。また厚手のジャガード素材も、きちんと感がありお勧め!冬らしいお洒落、と考えたときに浮かぶニットやコットン素材はカジュアルにあたり、フォーマルな結婚式ではNGです。

6359838_0

冬のお勧め素材のジャガード×ベロアの結婚式ドレスワンピース❤ボレロ要らずの袖ありドレス。リボンが可愛く女の子らしい印象です。

冬のドレスカラーのマナー
冬らしく落ち着いたカラーということではブラックやネイビーが定番ですが、ゲストの多くがブラックネイビーでは会場全体の色が暗くは沈んでしまいます。そこでお勧めなのがブラウンやオレンジ、イエローピンクなどの暖色系カラー。花嫁がお色直しで着るカラードレスを配慮しながら、暖色系の落ち着いた色のドレスを選ぶのがベストです。

冬の結婚式 ドレスの関連記事はこちら

5617821_6

イエローは周りと差を付けられる個性的なカラー!温かみも感じさせてくれるので、寒い冬の結婚式にお勧めしたい1着です♪イエローはHappyカラーとも言われているので、お祝いの場にぴったりですね(*´ω`)

5494744_8(1)ありそうであまりないブラウンカラーのパーティードレス。冬にお勧めしたい温かみのあるカラー。可愛らしい花柄が人気の秘密♪

結婚式が行われる時間帯

午前中から午後5時までの結婚式に出席する場合は、これまでに学習してきたマナーが当てはまりますが、午後5時以降の夕方から行われる式に出席する際は別。お昼のマナーとはフォーマルとさせるドレスやアクセサリーが異なるので注意が必要です。

ru09

■夕方~夜の結婚式(午後5時以降)
午後5時以降に行われる、シックで大人な雰囲気の夜の式。会場のシャンデリアの照明のもとで行われる披露宴に出席する際には、光沢感のある素材など昼の式とは異なり、煌びやかで華やかな装いをイメージしたドレススタイルがフォーマルな装いとされています。夜の結婚式でのドレスマナーは、

・肌の露出は控えること昼と違って、肌を露出する程フォーマルになりますが、
もちろん過度の露出はNG

・キャミソールドレスやノースリーブのドレスで腕や肩、背中等を露出するのもOK

・スカート丈はロングから膝上までOKですが、極端に短いものは下品なイメージでフォーマルな場所にふさわしくありません。

・鮮やかでカラフルな、はっきりとした色合いのドレスがベスト。サテンやラメ、オーガンジー素材など光沢のある素材が理想的です。

・アクセサリーは昼間と逆で、照明に映える輝きのある煌びやかな宝石や、ゴールドの華やかなアクセサリーをチョイス。(昼間の式はパール)

★まとめ★

いかがでしたか?結婚式の服装にはドレスのカラーやデザインだけでなく、頭から足元迄きちんとしたマナーが存在するということを、ご理解いただけましたでしょうか(*^^)基本マナーと応用マナーをしっかり組み合わせて、マナーを守った上手な結婚式の結婚式 ドレス選びをしてくださいね!

Ranking

Related Posts