検索

久しぶりの結婚式のお呼ばれ!40代女子におススメのドレス

SNSでシェアしよう!

20代や30代の頃と比べて、40代にはいると結婚式にお呼ばれすることが少なくなってきます。
20代の頃は毎月のように結婚式にお呼ばれしていたのに、最近では結婚式どころかパーティーや式典などフォーマルな場へのお呼ばれも少なくなりドレスを着る機会自体がないという声を多く聞きます。
ドレスアップをする機会がなくなると、久しぶりの結婚式のお呼ばれがあった時に、どんな格好で式に出席したら良いのか非常に迷うと思います。
今回は最近のトレンド傾向を踏まえて、40代の女子におすすめの結婚式のパーティードレスをご紹介していきたいと思います。

まずはおさらい!結婚式の服装マナー

結婚式の出席者にはパーティーや式典などと比べ、服装に細かいマナーが存在します。
今更結婚式の服装マナー?!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、出席が久しぶりとなるとその服装マナーを忘れていたり勘違いしている場合も。
結婚式に出席したはいいものの、うっかりマナー違反な服装をしていかないように、ここでしっかりとおさらいしましょう。

基本中の基本!白や白っぽくみえる色はNG!

基本中の基本ですが、ゲスト側が白のドレスやワンピースを着て出席するのはマナー違反。
結婚式で白いドレスを着きていいのは、当日の主役である新婦さんだけです。
また『白』でなくても、注意が必要なカラーは淡いベージュや淡いグレー。
これらのカラーは結婚式場や披露宴会場などの強いライトにあたると白っぽく見えてしまう恐れがあります。
『このドレスは白っぽくみえてしまうかな?』と迷った場合は、避けた方が無難でしょう。

昼間の結婚式へ出席する場合は肩だしはNG!

結婚式のお呼ばれドレスやワンピースなどは、ノースリーブデザインのドレスが多いので勘違いしがちですが、昼間の結婚式では肩や腕を出すのはマナー違反にあたります。
肩や腕をだしていいのは、夕方や夜に行われる結婚式の場合のみで、逆にこの時間帯には肩や腕、背中が大きくあいたイブニングドレスを着るのが正式なマナーとなります。
昼間の結婚式でノースリーブのドレスを着用する場合はで、必ずジャケットやボレロ、ストールを着用し方や腕を隠すこと。

つま先と踵が隠れるパンプスを履く。

服の次は足元のマナー。
結婚式では足元まで細かいマナーがあります。
まず靴ですが、これはつま先も踵も隠れるパンプスを履くのが正解。
またヒールは5cm以上のものがフォーマルとして認識されています。
特別な理由がない限りは5cm以上のヒールで、つま先と踵が隠れるパンプスを履くように。
最近ではオープントゥはOKと認識されている方が多いですが、フォーマルな場ではつま先と踵が隠れる形のパンプスが正式なマナーだという事を心得ておきましょう。

素足はNG!ストッキングの着用を。

足元のマナーの2つ目は、ストッキングの着用は必須という事。
夏の結婚式だからといって素足で行くのはマナー違反。
またストッキングの色にも決まりがあり、カラーや柄のはいったストッキングはマナー違反にあたりますので、必ずヌーディーなベージュのストッキングを着用しましょう。
冬に女性がよく履くタイツもNG!
これは結婚式だけではなく、パーティーなどフォーマルな場所全般でのマナーになりますので覚えておくように。

ドレスのスカート丈は膝が隠れるものを。

足元のマナーの最後はスカート丈。
ドレスやワンピースの丈は膝が隠れるものがフォーマルだとされています。
膝が見える短すぎる丈はマナー違反以前に下品な印象を与え、また大人世代の40代女性にはふさわしくありません。
ドレスやワンピース着用する時は丈までしっかり確認し、膝が隠れるものを着用し上品な装いを心がけましょう。

バッグはコンパクトなパーティーバッグを持つ。

結婚式のお呼ばれマナーには、バッグやアクセサリーなどにも細かいマナーが存在します。
まずバッグですが、これはクラッチバッグやパーティーバッグと呼ばれるコンパクトなバッグを持つのが正式なマナーです。
大きすぎるバッグや紙袋、布製のトートバッグなどはどんなに高価なハイブランドのものであってもマナー違反にあたります。
荷物が多い場合はサブバッグを用意して会場についたら、必要最低減のものをパーティーバッグにつめ、あとはクロークに預けるように。
バッグの大きさの目安は、パーティーバッグなら椅子の背もたれに置いても違和感のない大きさ、クラッチバッグなら膝の上に置ける大きさとなります。

ヘアスタイルは基本アップなどのまとめ髪。

ドレスや小物の他に、ヘアスタイルにもマナーが。
髪の長さがロングや肩にかかる長さなら、まとめ髪にするのがマナーです。
これは結婚式に限った事ではなく、正装の場合のヘアスタイルは、どんな場面でもアップスタイルだという事を覚えておきましょう。

ヘッドドレスなど派手なアクセサリーはNG!

上記でアップスタイルが正式なマナーとお伝えしましたが、髪に着けるアクセサリーにもマナーが決められています。
これは知らない人が多いのですが、大きすぎるヘッドドレスやコサージュを付けるのはマナー違反にあたります。
これは多くの新婦さんが大きくて華やかなヘッドドレスを付けることが多く、またコサージュタイプのヘアアクセサリーを身に着けることが多いからだとされています。
結婚式は主役は新婦さん。
目立つ派手なヘアアクセサリーは控えるようにしましょう。
ヘアアクセサリーを身に着ける場合は、パール調の上品な小ぶりのヘアアクセサリーなどがお勧めです。

関連記事⇒
知ってる?絶対に抑えておくべき結婚式 ドレスの服装マナー

【結婚式マナー完全版】本当におススメしたい結婚式ワンピース・お呼ばれドレス

40代女子におススメの結婚式 ドレス

結婚式の服装マナーをおさらいしたところで、40代の女性に相応しい結婚式のお呼ばれドレスやワンピースをご紹介していきたいと思います。

左:腕と裾に透け感を持ってきた、総レースの袖ありドレス。黒のドレスでも地味な印象はなく、上品で華やかに決まります。胸元はカシュクールなので、顔周りがすっきりとみえデコルテまで美しく演出してくれます。

右:こちらも総レースの袖ありドレスです。花柄が浮かび上がる美しくエレガントなデザイン。Aラインシルエットですが、ハイウエスト切り替えでメリハリがつき脚長効果も発揮します。

左:トップスとスカートのセットアップドレス。トップスは深めのVネックですっきりとした印象に。トップスもスカートもラメ入りで、華やかな印象のセットアップドレスです。単品使いもできるので、着回し力も抜群。

右:2色使いの総レースの袖ありドレス。ウエストの切り替え部分にはレースがあしらわれ、ウエストシェイプの効果が!1枚で華やかに決まるお洒落なドレスです。

左:モノトーン×ストライプ柄が大人っぽく洗練された印象の袖ありドレス。袖丈は七分でほっそりと綺麗にみえる袖丈です。ウエストのリボンベルトは取り外し可能。

右:光沢のある花柄刺繍が華やかな、袖ありドレスです。落ち着いた印象のシルバーグレーのお色味も◎。シンプルなデザインなので、年代を問わず長く着ることができ重宝します。

左:大人でも可愛く着こなせる上品な淡いピンクの袖ありドレス。黒を所々に配色しドレス全体を引き締め甘くなりすぎないデザインに。胸元から袖、裾まわりに透け感をだしレースの美しを引きたたせたドレスです。

右:トレンドのリーフ柄の総レースのパーティードレス。トップスはケープ風のデザインで、腕を上げた時にリーフ柄が綺麗に浮かび上がり華やかです。

関連記事⇒
40歳は第2の成人式!40歳女子に最適な成人式同窓会の服装コーデ

結婚式 ドレス 40代 まとめ

40代の女性におススメの結婚式ドレスをマナーと共にご紹介させていただきました。マナーはしっかり心得てたつもりでも、久しぶりの結婚式ではうっかりしてしまい、マナー違反をしてしまう事もあります。ここは大人の女性として、改めてマナーを振り返り服装だけでなく所作もエレガントな振る舞いを心がけましょう。

関連記事⇒
40代 メイクがしっくりこないと感じたら・・・弛みに負けない40代からのモテメイク

Ranking

Related Posts